STAFF

21
脚本・演出/御徒町凧(オカチマチ カイト)

COMMENT今回の公演のオファーを受けた時、単純に嬉しかったです。
幾度も重ねたワークショップを通して、3人の引き出しの多さに関心をしていて、すごく手応えを感じています。
インタビューと称したミーティングで何度も対話させてもらい、3人が3人であるという宇宙を感じたことが脚本へもつながっています。
トニセンの過去と未来と現在が、ただそこにあるような舞台です。ポケットを空にしてご来場ください。
脚本・演出/御徒町凧
PROFILEBorn : 1977 in Tokyo
詩人。06年に第一詩集『人間ごっこ』を刊行。以後の詩集として『いつも、ミシン』(07)、『人に優しく』(09)、『朗読会の記録(一)家具』(10)、『朗読会の記録(二)道路』(10)、『朗読会の記録(三)空気』(11)、『砂の言葉』(16)、写真家・佐内正史氏と共に制作した写真詩集『Summer of the DEAD』(18)がある。また、森山直太朗の楽曲共作者として、ほぼ全ての作品の作詞を手がけ、08年『生きてることが辛いなら』で「第50回日本レコード大賞作詞賞」を受賞。09年には劇場映画『真幸くあらば』で監督を務め、同作は第22回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門にノミネートされた。森山直太朗のコンサートやライブではステージの構成・演出を行う他、森山直太朗劇場公演『森の人』(05)、『とある物語』(12)、『あの城』(17)、また「カイトボックス」名義『なにげないもの』(06)、「SETSUNA企画」名義『なんかやりたい』(18)などの演劇舞台では作・演出を担当。現在、最新詩集の刊行を機に、自身主催の詩の朗読会『POETRY CALLAS』を定期的に開催中。

STAFF-CREDIT

音楽監督/河野圭 美術/秋山光洋 照明/吉枝康幸 音響/加藤温 映像/番場秀一 振付/振付稼業air:man
衣裳/伊賀大介 ヘアメイク/宮内宏明 演出助手/菅田恵子 舞台監督/藤井伸彦 吉見裕司

宣伝美術/永瀬祐一 宣伝写真/西村淳 宣伝衣裳/柳田明子 伊賀大介
音楽協力/ジャニーズ出版 エイベックス・エンタテインメント 宣伝製作/エム。シィオー。 宣伝パブリシティ/ディップス・プラネット
協力/ゴーチ・ブラザーズ 運営協力/キョードー西日本(北九州公演) キョードー大阪(大阪公演)

制作/伊藤達哉 時田曜子 高橋ゆうき 制作助手/吉本未来 票券/後藤まどか
アシスタントプロデューサー/古川友莉 プロデューサー/堂本奈緒美
エグゼクティブプロデューサー/藤島ジュリーK.

制作協力/ジャニーズ事務所
主催・企画製作/東京グローブ座